スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小さい秋

静かな朝。
暖かな陽射しが、今日の外出を応援してくれているみたい。

室温24度、湿度60パーセント。
秋晴れの一日がはじまりました^^

第1章 実りの秋 ロウヤガキ

盆栽棚が賑やかな季節になりました。
毎年の楽しみは小さな柿。

ロウヤガキ
KIF_0143-1.jpg

今でこそ苗が流通しているけど、一昔前は種から作るしかなかった。
安行で種を購入して、桃栗三年柿八年かな・・

ロウヤガキは完全に雄木と雌木が分かれていて
近くに雄木を置いておくことで実る雌木。

ロウヤガキだけで15くらいの鉢があるけど、しっかり実るのは5鉢程度。

KIF_0144-1.jpg 直径1センチ長さ1.5センチ程度

小さな実りの世界も素敵です。

第2章 小さなホスタ

今日は小さな世界のパレードです。
ギボウシといえば、ガーデンにも立派に展開する葉の大型種から
寄せ植で使う中型種。

株分けした小型種が安定してきました。
 ウチの小型種は4種類。どれもお名前は不明^^;

KIF_0224-1.jpg 
左は葉が薄い色合い。右はスマートな葉でグリーン。
KIF_0225-1.jpg 手前はライム色、奥はグリーン。
え・・奥って??という声も聞こえますね(笑)
奥の株は鉢じゃなくて、“あわび”の貝殻に植えつけました。
鉢の代わりに、サザエ・アワビは使えるんですよ~~
アワビは元々穴があるし、サザエは安定させるために尖った部分を欠けさせれば
穴も開くしぐらつかない。
これはトンカチでも出来るし、地面の固い部分にゴツッとやってもOK

冬には根だけになってしまうホスタ。
秋の間にもう少し成長して、来春の姿を想像してたのしみます。

第3章 お出かけ

今日は久しぶりに電車でお出かけします。
最近は車より楽なのかも・・と思い始めました。

近所に駅が出来て、10分も歩けば駅があるのに
普段は自転車で20分の地下鉄まで・・

今日はお天気も良いので、徒歩圏の駅を利用してお出かけしようかと思います。

そしてお目当ては・・乾燥卵白。

娘がマカロンを作りたいと言いはじめ、スーパーや市場・・色々な所で探しているのだけど
田舎だしね・・見つかっていないんです。

マカロン作りには、乾燥卵白を使う方法と、乾燥卵白を使わない方法と
2つの作り方が載っていました。

さてさて・・
今日は乾燥卵白を買ってくることが出来るでしょうか^^;

そろそろお出かけの時間です。

スポンサーサイト

テーマ : ***ベランダガーデニング
ジャンル : 趣味・実用

ウイリアムシェークスピア2000
曇り空の東京。
今日は借りている本を返却に図書館へ。

お洋服選びも難しいですよね。
半袖じゃ寒いかも、長袖じゃ暑いかも・・

第1章 シェークスピアの秋

ウイリアムシェークスピア2000

この品種に出会ったとき、ウチの屋上に最後のバラとして迎えたいな・・と思って
ずーっとずーっと探して。
春にやっと入手したバラ。


KIF_9062-1.jpg 春の開花。
撮りためてあって、アップしていなかった事に気づき・・今頃ですがお付き合いください♪
 KIF_8956-1.jpg KIF_8895-1.jpg
横顔も美しく、とても豪華に咲いてくれます。
クリムゾン色・・の、とても深い色合いにウットリ。
お花が大きくて、どうしても下を向いてしまうのね。

秋の開花も始まっているのですが、時間帯が良くないのかな・・良いお写真が撮れなくて^^;

大きなバラはコレが最後・・と決めてお連れしたバラ。
大株に成長するのが楽しみです。

ウイリアムシェークスピア2000
このバラを探し始めて知ったのですが
ウイリアムシェークスピアというバラもあるんですね・・

第2章 秋の色

初めてコキア(ほうき草)を育てています。

もちろーん。

ほうきにしたくって^^;

KIF_0052-1.jpg  茎が赤く・・グリーンと合いますね♪

ほうきを作るほどって言ったら、一株では足りないのかなって気がしますが
ちっちゃなほうきでも良いから、頑張って作ってみたい♪

コキアの成長、色の変化、ほうき作り
まだまだ、お付き合いくださいね。

 

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

モスローズも秋の開花

さわやか、そして陽だまりはポカポカ。
秋って好きぃ。

第1章 アルフレッド・ドゥ・ダルマ

モスローズも最後の開花に忙しい毎日です。
輝く~しっとり。

モスはお花だけでなく、茎や額も素敵なのでいつでも可愛いんだけど。

KIF_9600-1.jpg KIF_9599-1.jpg 
お花は中輪だけど、綺麗なんだ~
KIF_0047-1.jpg 透け感も良いです。

モスローズの中でも四季咲に近く、とっても優等生のバラ。
一季咲きのモスローズたちは、背高ノッポになりつつある中
アルフレッドは割りとコンパクトにまとまっています。

モスローズも手袋すれば大丈夫、痛くないですよ!

第2章 挿し木のバラたち

挿し木は上手ではないの。
でも、いくつかしっかりした株が出来ています。

フラッシュリディア sp
KIF_0108-1.jpg ミニバラのようなお花。
しっかり絞りが入ります~そしてしっかり上を向いて咲きます~
マーブル具合も1つ1つ違うのでかわゆい。

チェリーブランデー
KIF_0098-1.jpg 花びらの裏表で色が違います。
イエローと濃いオレンジって感じでしょうか・・
爆発的に大きな巨大輪で、さすが切花と思います。

葉も照り葉で美しいですわ^^

第3章 紅葉と秋のハーブ

ジューンベリーは落葉をはじめ、ブルーベリーは赤く色づき
屋上の履き掃除にも色のパレットが心を温めてくれます。

アメジストセージ
KIF_9904-1.jpg フエルトのようなお花。

ユーカリ グーニー
KIF_0086-1.jpg こちらも赤くなり始めました。
ゆくゆくはベランダで・・と思うのですが、まだ明確なイメージがもてません。
もうちょっと待機していてね~

最後にアオツヅラフジ
 KIF_9906-1.jpg 取り木に挑戦中。
親株はしっかり実がなって、色づくのが楽しみ。
少し前からポット苗に這わせて根付くのを待っているのだけど
なかなか上手くは行かず・・^^;

鉢に硬質赤玉で 本格的にチャレンジしました。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

寄せ植とカフェ
室温22度の朝、今日は何をしようか・・
まずは落葉樹の葉を掃いて、花がらも切らないとね。

第1章 秋の寄せ植

先日、思い立ってお花屋さんに出かけたとき。
やっと“こんな感じ”と言う寄せ植のイメージが浮かんできました。

やっぱり、苗を見て心が決まるってありますよね。

KIF_0001.jpg KIF_0002.jpg

ウインターコスモスとビオラ

この子達の場所は既に決まっていて、メインのお花を待っていました。
去年の寄せ植から、剪定して待つシロタエギク
それから、アキランサスは1つの苗を半分にして
玉竜と、やはり去年組のガーデンシクラメンも。

KIF_9999.jpg 黄色のビタミンカラーは元気になりそうで
ベルベットのようなビオラは温かみを感じそう^^

KIF_0062_20091016230841.jpg KIF_0060_20091016230818.jpg KIF_0023.jpg
もさもさ~~って、色々植えてしまいましたが
結構落ち着いた感じにまとまりました。

また成長具合を見てやってください^^

第2章 カフェ

秋バラの開花が嬉しいこのごろ。
今年最後のお花と思うと、寂しい気持ちもありますが
秋の澄んだ空気で、予想以上に美しいなと思うことも。

新苗でお迎えして2年目のジュリア。

KIF_0045.jpg  KIF_0043.jpg
とっても大きな蕾から、はらりはらり開花。
先日の台風で蕾に傷がついてしまいましたが、それでも豪華にそして大人色で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。

FL カフェ
Cafe
作出:1956年 kordes/ドイツ
花色:銅橙色
樹形:横張り
四季咲、微香

    
カフェにするか・・ジュリアにするか・・
迷いに迷って決めた事、思い出しながら眺めています。
ジュリアはHT、カフェはFL
樹形も違うんだろうな・・いつかジュリアも見てみたいです。

KIF_0044.jpg 株元からでたシュートのお花。
他に3つの蕾が待っています。
順次咲いていく・・と思うと、しばらくは側に居てくれる気がして^^

花色は、本当に落ち着いたカフェ色。
ERパットオースチンにベージュが入った感じ?
パットオースチンも大きなお花だけど、カフェだって!負けてませんよぉ♪
香りだって、近づいてクンクン。良い香りです^^

 ←バラの家 いつもお世話になってます^^

第3章 ミモザの花芽

ふと見ると何か伸びている・・
これが花芽なのねと感動。

KIF_0066.jpg

来春、黄色のベランダを妄想しつつ
少し時期ハズレな鉢増しをして待つことにしました^^ 

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

秋を感じるガーデン

今年はバラを増やさない計画に則って・・と
本当にコレとおもう品種だけにしてきた

・・と思ってはいたけど

それでも増えてることには変わりなく^^;
そういえば、この子も今年連れて来たんだと思い出す私。

一季咲きのバラは、まだ見ぬ花に1年分のワクワク感を抱いたまま成長中です♪

第1章 ER アンブリッジローズ

綺麗ですよね・・ホント。
輝くような色合いで、可愛い♪

アンブリッジローズ アンブリッジローズ

背丈は大きくないので、ガーデンの前面向き。
ホント説明どおりです! 

ER アンブリッジ・ローズ
Ambridge Rose
作出:1990年 オースチン/イギリス
花色:アプリコット
樹形:コンパクト
四季咲、強香(フルーツ・ミルラ)、
Charls Austin×Wife of Bathの実生
                           
この色合いと花形は、ER月光と似ているかと思うのですが
花びらの数はアンブリッジの方に軍配が上がっています^^

第2章 秋を感じるススキ~屋久島ススキ

鉢なんてどこにあるのか・・と思うくらい
こんもり成長して、時々蹴飛ばされ転がるススキ。

少しカールした葉は、ギザギザもあって触ると痛いの。
背丈が小さくコンパクトにまとまることで、草もの盆栽にむいていますよね。

すすき すすき

屋久島すすき
Miscanthus sinensis var. gracillimus Hitchc
 
イネ科 ススキ属 宿根草
         

ススキ バラの葉とも相性が良いな・・
来年はミニバラと寄せ植えしてみようかと妄想中^^

第3章 種まきしてますか?

種まきと言えば、クリスマスローズ。
もう9月ですもの・・と早めに準備してトライしました。

去年は11月ごろまで忘れていたので、今年は・・と意気込んだのですが
日陰になる場所を探す・・
ずっと直射日光があたるような場所だと乾きすぎるんですよね。

土の配合も少し工夫して
クリロー種まき  3号ポットに5つずつ撒きました。

他にも種まきしたのですが
コチラはまだ内緒・・
成長を楽しみにし下さいね。

KIF_9682.jpg 種まき

間引きしなきゃ・・と思いつつ、可哀想で勇気が出ないの。
分けることが出来ないか・・もう少し様子を見て数株にしようかな。

 

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sakurairo

Author:sakurairo

アクセス解析


屋上とベランダの小さなガーデン


ガーデニング+雑貨の小さな世界をお届けできたら嬉しいです。


お気軽に足跡残してくださいね♪

最近の記事
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセス解析
バラ苗販売関係
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
BGMラフマニノフ  
楽興の時op16-3
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。