スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バラの摘み取り
気温も下がり、小さな蕾や開花を始めたばかりのお花も開花が進みません。
こうなると開花させず摘んでしまったほうが株のためになります。

何だか可愛そうな事をしているようで仕方ないのですが
これも春の開花のためしっかり休眠させてあげないとねaicon_bbs14.gif


摘み取った蕾は小さな花瓶にびっしりつめて
まるでブーケのよう。
しっかり香りも漂わせてリビングのカウンターで過ごしています。


↓粉鐘楼
P1010034.jpg


コロッとした可愛いお花で香りも最高。
新苗で購入しましたが、洗濯物を干しながら
たくさん癒してくれました♪

↓ブルーへブン
P1010038.jpg


秋はブルーへブンの色がもっともブルーに近くなります。
開花が進むにつれ白に近くなっていく加減がまた素敵でした。
枝は細く、棘は鋭い・・
繊細で豪華なこの子は、叔父のプレゼントでした。

↓品種不明のミニバラだったこの子
P1010042.jpg


お友達のなるなるさんからの情報により
スプモーニ”というミニバラらしいことが判明。
ミニバラとは言うがかなりの大輪をさかせるバラで
蕾はピンクなのだけど、開花すると黄色。
木立性ので3つくらいの蕾をつけてくれる。

購入した時期となるなるさんの情報、そしてHP散歩で調べた結果
スプモーニではないかと、かなりの自信を持って言えるので
ラベル落ちではありますが、スプモーニと呼ぶことにしました♪


屋上の様子もすっかり冬支度で、かなりすっきりして
落葉した葉があちらこちらに。

全部鉢で育てているため、こうやって見てみるとかなりの細工(工夫)が見えると思います。

ベランダの手すりと支柱を組んで、足りない所はブロックで補強して枠を作っています。
この作業は良き理解者である叔父が遊びに着たついでにやってくれる。
この叔父のお陰で着々とバラを増やしている私。
感謝です。

P1010031.jpg

P1010032.jpg



今日は先日発見した“癌こぶ腫”のことで、盆栽の先生に相談してみた。
今年はこの先生による、ちょっとしたヒントからかなりバラの調子を良くして咲かせることが出来た。
盆栽の先生というだけあって、無農薬ではありませんが
作業の理屈が理解できたので色々なことに役立つ情報なんです。

癌コブ腫を見つけて切り取ったものの、消毒などはしないで新しい土で植えてしまった。
本などには、消毒液を作ってバケツに入れ数分放置するとあるが
面倒だし時間も無かったのでやらなかった。

先生は取り除いたのなら、土に消毒をかければ良いと教えてくれたので
それなら出来ると気をよくした私。
早速殺菌剤を土にかけてきました。

ポイントは十分乾かした土にかけること
散布後も乾くまで水を与えない事。

明日は雨の予報もないと思うので大丈夫かと。mushi.gif


それから薬剤は通常より濃い目に・・・と
4リットルで4ミリのところ5ミリ・・とか増やしてみました。

癌コブ腫はボケ等・・梅にも出来ることがあるようなので
とても参考になるお話を伺うことができました。

冬の間は北海道からいらして、管理を任されている方のお宅を回って
春にはまた北海道へ帰ってしまう先生。
東京滞在中のこの期間は、義父と私の心強いサポーターとなってくださいます。





にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sakurairo

Author:sakurairo

アクセス解析


屋上とベランダの小さなガーデン


ガーデニング+雑貨の小さな世界をお届けできたら嬉しいです。


お気軽に足跡残してくださいね♪

最近の記事
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセス解析
バラ苗販売関係
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
BGMラフマニノフ  
楽興の時op16-3
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。