スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セントセシリア
この時期はバラも休眠に入るので、気になる品種について色々調べています。
中でも特に気になったのが、セントセシリア(St.Cecilia)

1987年作出のイングリッシュローズですが
名前の由来がすごく私好み★(*^-゚)⌒☆Wink!

ローマ時代のキリスト教の殉教者で、教会音楽の守護神とされている人物に因んで命名されたと言う背景を持ったバラです。

教会音楽の守護神なんて
別ブログの方とかぶりますが、バッハを弾くに相応しいかも~~と
とても興味のあるバラです♪

そして私のようにお庭がない方でも十分に楽しめる
鉢栽培向きのイングリッシュローズです。
樹形もコンパクトで、繰り返し良く咲く品種
香りもミルラ香の強い香りがするようです。





いつもながら場所がないから・・と考えているのですが
一番場所を取っているシンビジュームに、譲ってもらおうかと検討中。
一年中外で育てているシンビジュームは、軽くて風に飛ばされやすくて
屋上の手すり付近を占領しています。

義父が拾ったり貰ったりしたシンビジュームだけど
さすがに20近くあるとね・・・

先日義父に“シンビジュームの場所を動かしても良い??”と
具体的に場所の提案をしたのですが、義父は“好きなようにして良いよ~~”と。

ガーデニングの事では大抵相談しても“好きなように”と私の好きにさせてくれるので
今回もシンビジュームに良さそうな場所を作りつつ
バラ増やしの道を歩みそうです。

ちなみに・・・
シンビジュームってホント手がかからなくて毎年咲いて
洋蘭と呼ばれるものの中でも特に何もせずとも咲きますね。
今年やったお世話と言えば、油粕を2回くらい取り替えたことと
バラと一緒にたまに液肥を与えた事くらい。

一鉢で5本くらい花芽が立ち蕾を膨らませて今にも開花しそう。

雪が降ってもどんなに寒くても、お・そ・と!!
たくましく咲いているのです。

数年前には義父と入室して階段のスペースに取り込んだこともありましたが
これは屋上に住んでいる蟻を誘ってしまい
蟻の大行進が屋上から階段にずらーーーーっと。
シンビの蜜は甘いので、蟻を誘ってしまうのですね。
蟻退治に大変な思いをしたので以来取り込んでいないのです。

イングリッシュローズも育てたい計画と名付けて
四季咲きのもの・鉢に向いているもの
冬の間に情報収集を楽しむ事にします。





にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ


スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sakurairo

Author:sakurairo

アクセス解析


屋上とベランダの小さなガーデン


ガーデニング+雑貨の小さな世界をお届けできたら嬉しいです。


お気軽に足跡残してくださいね♪

最近の記事
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセス解析
バラ苗販売関係
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
BGMラフマニノフ  
楽興の時op16-3
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。