スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パラの病気対策に思うこと・・
こんばんわ

少し気持ちを整理して、更新しています。

このところ“ウドンコ病”“黒点病”で、
仕事をしていても心の奥のほうにはいつもバラのことが・・

深夜に帰宅してもバラが気になり
屋上とベランダをウロウロ(*ノωノ)

■私には無農薬は無理なのかなぁ・・
■何で広がる前に気がついてあげられなかったのかなぁ・・

そんなことばかり考えていました。

私がトライしてみたのは
★木酢液
★イソジン
★月桃エキス
★米ぬかフリフリ

どれも今年からのスタート。

結論から言うと、防ぐより見守る事にしました。

葉を落としたくない気持ちは山々ですが
それでも様子を見て、出来ることはしてあげる
それしかないですものね。


それでも今回こんなに広がった事には少しばかり原因があると思います。

□新しいミニバラをたくさん買った。

これはとても大きな問題。
種類が増えお世話が手薄になったのではなく

新しい苗ほど、まだ生まれたての赤ちゃん同様なのでは・・
抵抗力もついていなくて
体力も少ない・・
(上手な表現ではありませんが)
そう思います。

温室育ちのミニバラたちは、初めての病気にびっくりしているのですよね。

それが所狭しと並べられ、春と共に葉を広げ枝を伸ばし
これでは病気も広がるはずです。

以前から育てているオールドやHTは
ウドンコが出てもそんなに広がっていない事からすると
やはり新生児と同じなのでは(*^_^*)

□ミニバラと大きなバラとの違い

ミニバラは数本の枝が植わっていますよね。
HTもERも・・etc・・
1本で植えられているのに

3本の枝が植わっている株の中心。
葉もワンサカ!ふところ枝も伸び放題。

6本も植わっていた『モコモコ』←ミニバラ
これが良い例です。

3本で1鉢にし、残りは1本ずつにして植ました。
(4鉢出来たわけです)
病気が出たのは、3本で植えたもの。
1本のものは屋上で元気にしています。


こんな結果を見ると、やはり1つから広がり
抵抗力のない新しく連れて来たミニバラたちに広がったとしか思えません。
そして狭い場所にいくつも置かれ、風通しも悪く。。


だからね・・
それでも良いやと思うことにしました。

色々お世話はし続けて、それでも病気が出る事は
自然なのだと。

こんな風に思えたのも、皆さんのお陰です。

枯れることは滅多に無いと思うので、見守ってそして体力をつけさせてあげたい。
そんな気持ちに落ち着きました。

KIF_4039-1.jpg


今日は私の30代最後の誕生日。

娘は『駄菓子屋さんで買ってきてあげる』と駄菓子を100円分プレゼントしてくれました。
(↑ちゃっかり自分のものも買ってきましたがね・・)
3男は『お母さんの大好きなレアチーズケーキ』と美味しいケーキを。
次男は『レアチーズは弟が買ったからシュークリーム』と同じケーキ屋さんで。
長男は『バイト先のファミマでシュークリーム』兄弟の分も~~

今日を皮切りに、我が家では誕生日ラッシュ。
16日が娘、22日が長男、5月に入り8日が次男。。
休日はバースケーキが恒例となります。

そしてスゴイプレゼントも貰っちゃいました。
胡蝶蘭6本立て。
白2本、濃桃2本、薄桃2本。

職場に1日飾って、明日持ち帰る予定。
次回のアップでお見せしますね~~





にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ

スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sakurairo

Author:sakurairo

アクセス解析


屋上とベランダの小さなガーデン


ガーデニング+雑貨の小さな世界をお届けできたら嬉しいです。


お気軽に足跡残してくださいね♪

最近の記事
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセス解析
バラ苗販売関係
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
BGMラフマニノフ  
楽興の時op16-3
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。