スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベランダ&バルコニー作りを楽しむ■読書■

バルコニー & ベランダ作りを楽しむ! ~外に広がるもうひとつのリビングを (定年前から始める男の自由時間)

右上のサブタイトルが気になる    男じゃないし・・定年前でもないし・・

広めのバルコニーが中心に掲載されています。

私のベランダにはちょっと合わないし
ココまでは考えていないんだよなって感じ。
屋上だったら使える技もたくさんあるのだけど
義父との共存では、異色の盆栽&バラ・・
デッキやパーゴラノ設置を考えると、義父の盆栽の良さにはマイナスとなりそう。
屋上はなるべくこのままで・・ね。

でも、ベランダの条件をチェックでは
とても参考になることが書かれていました。

自分のベランダは一体どの程度の大きさで
どんな陽がさすのだろうか?

実際にスケールで計ったり、建築設計図をひっぱり出したり・・
自分のベランダを知ろう作戦決行です!!

■奥行き

家を建てる際には、ベランダ1500ミリと書かれていたように思っていたが
これが実際計ってみると全くの計算違い。
床は奥行き1200ミリ+サッシ部分100ミリ+フェンス(壁の厚み)200ミリ
合計が1500ミリだったのだ。

■長さ

図面には8550ミリとあるが、両側のフェンス(壁の厚み)が各200ミリあるので
実際には8150ミリとなる。
8メートルくらいと思っていましたがこれは正解。

■フェンスの高さ、フェンスの素材

フェンスって色々ですよね。
私の家は見た目良いですが、植物を育てたり
風の通り・足元への光を考えると失敗したなぁって思います。

壁が手すりまでそびえていてこの高さが830ミリ
手すりの高さが320ミリ

マンションなどでは壁には一部ガラスや網目部分があるものも見られますが
私のベランダには一切そのようなものは無く、一面壁なのだ。
KIF_4973.jpg
歩道から見た私のベランダ
ピエールが満開の頃

KIF_4860.jpg

手すりの真下は、真夏でも陽がさしにくい(T_T)
そこでこの写真のように、台になるものを置いて
その上に鉢をのせています。
これで手すり付近までの高さがあれば十分日に当ててあげられるのだ。

■ベランダの屋根

屋根の無いベランダって・・と思っていたアパートの時代。
雨が降ればすぐに洗濯物は濡れてしまいます。

今のベランダはベランダの奥行き分の屋根があるので
洗濯物にはとても安心した場所。
少々の雨なら家の中よりずっと乾く事もある。

でも植物を育てる事を考えると・・
屋根の分だけ光が当たらないのでしょうね。

ベランダの実寸と形状が認知できた事で
次に太陽と自分のベランダを考えてみる。

日当たりの変化について書かれている図を見ると
夏は真上から太陽が光を当て、ベランダの一番外側に当たる。
春と秋はベランダの中央へ当たり、太陽はと言うと夏より少し下に位置している。
冬はと言うと、春秋より更に低い位置に太陽があり
光は弱いがベランダの奥から室内まで陽が差し込む。

他に排水溝の位置、傾斜のある場所、マンションなどでは避難口など・・
私のベランダでは排水溝は両サイドに位置して
部屋からベランダ手すりに向かって幾分か傾斜が取られている。

これは完全に洗濯を干す場所、物を置く場所・・
そんなベランダである事が判明。

こんなベランダを、出来るだけの緑で飾って
洗濯物との共存。
時々干す布団の通路・・

我侭がどこまで叶えられるかしら??

望んで努力すればいつか叶うと言う事
ピアノを通して実感しつつある私。
ベランダガーデニングではどうなのだろうか。

今後少しずつ取り入れたいことも交えて
またアイデアを出して行きたいです☆

※みなさんからのアイデアも大募集です~





にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ





スポンサーサイト

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

ベランダの庭 12ヶ月 またまた読書中


ベランダの庭12カ月

ベランダと言う限られた空間をどうしたいか
考えさせられる本でした。

私の頭の中でベランダの配置図が出来ていないこと
そして日光が四季によって当たらなくなること。

人の動線を考えると
どうしても今の配置を代えないと。

筆者の独特の表現だったり
“あーそうそう”と頷けることだったり
良き理解者を得たような気分でした。

1月の植栽計画から始まって
12月の師走のバラまで
とても共感したり実践してみたい事が多い内容でした。

タイトルが似た本で


コチラからパロっていると書かれているので
コチラの本も読んでみたいと予約中。

まるで勤勉な読書家にでもなった感じの私。


庭の楽しみ―西洋の庭園二千年

コチラも筆者お勧めの本



美しすぎる表紙のコチラも手にとってみたいわ♪

KIF_5203-1.jpg
春のブライダル・ピンク

予想を超えた美しさだったけど、鉢はテラコッタでは乾きすぎる気がする。





にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ



テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sakurairo

Author:sakurairo

アクセス解析


屋上とベランダの小さなガーデン


ガーデニング+雑貨の小さな世界をお届けできたら嬉しいです。


お気軽に足跡残してくださいね♪

最近の記事
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセス解析
バラ苗販売関係
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BGMラフマニノフ  
楽興の時op16-3
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。