スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
切花品種のサマンサ/ナンバンギセル
ご訪問ありがとうございます。

今日から2日間の連休。
お花屋さんのセールもあり、主人とプチデートしてきました。

お花屋さんへ直行では芸がないので
ゴルフ練習場へ行ってから・・

久しぶりで空振りが心配でしたが、トップこそありましたがなんとか。
少ししか打っていないのにこんなことになるとは・・
帰宅してから足がつりそうに。
運動不足・・非常に身にしみてします。。

第1章 切花品種のサマンサ

サマンサはバラを育て始めて1年後くらいに迎えた苗です。
当時はオールドが中心で、他の2品種も切花から出来た苗でした。
白・黄色と品種不明のHTと思われるバラがあり
赤も育てたいな~~と、母と出かけたお花屋さんから連れて来ました。

KIF_7075-1.jpg

HTらしい花ですが、この子これで10日目程度。
すごーーく花持ちが良くてね。
真夏でも1週間程度綺麗なお花を保ちます。

始めのうちはローテローゼと間違うような開花で
そのうちこんな風にボリュームのあるサマンサに。

剣弁咲きも好きだな~~って思わせてくれます。

第2章 ナンバンギセル

寄生植物として有名な植物ですが、私の家では屋久島ススキの中で育っています。

寄生するってどういうことなの??と疑問に思う方もいらっしゃると思うので
簡単に説明しますね~~

ナンバンギセル自体、葉緑素を持っていません。
植物は葉緑素を使い光合成して成長するのですが
持っていないので、他の植物から分けてもらっているということです。

光合成や葉緑素・・なんて聞くと、理科の授業のようですね(*^_^*)

不思議な・・って気持ちになるナンバンギセル
色は写真のピンク(紫系)と白があるんですって。
KIF_7011-1.jpg

ススキに寄生することが多いそうですが、観葉植物のドラセナ・マッサン・ゲアナ(幸福の木)とか
ユッカにも寄生して育っているものを見たことがあります。
KIF_7012-1.jpg
後方の黒くなった花は、種が入っています。
種と言っても粒状ではなく、粉の状態なのですよ~

第3章 お花屋さんデート

土が安いから・・と言い訳のようなことを言って
練習場の帰りに寄ってもらったお花屋さん。

今日も少しだけ・・と連れて来ました。
言い訳だった土も買いましたが、どちらも遠慮気味に。

連れて来た植物は明日の記事でアップ予定ですが
主人は“気持ち悪い”と。

そんなに気持ち悪いって程じゃないと思うけど~~

いつも応援ありがとうございます♪
~今日も共感できる何かがあると幸せ~
 にほんブログ村 花ブログ バラ園芸へ 


スポンサーサイト
Secret
(非公開コメント受付不可)

imiさんへ
いつもありがとうv-341

HTは上手に配置できなくて、まだまだ生かしきれて居ない気がします。
それでもポイントになる豪華なお花は見ごたえたっぷりなんですよね。
赤も入るとグッと締まります。

あっという間に連休も過ぎてしまいましたが、楽しい2日間でのんびりする事もできました。
連れて来た植物はどんな場面で使おうかまだ考えている最中。
気持ち悪さも少しは分かるけど、結構好きなタイプなんだな~~
モスも好きだし結構マニアックかも(笑)
おはようござうま~す。
赤のバラもお庭のアクセントそして大切な存在ですね。
優しい花色ばかりだと単調にになるけど、そこに濃い色のバラを植える事で、無表情なお庭に表情が出ますよね。
花持ちのいい花は、貴重ですね。綺麗でも、あっという間に開き切ってしまうと楽しめないですものね。
※夫婦二人でのデート、楽しめて様ですね。家族で出かける時は、子供が癪ですが、今回は、さくらいろさんが主役だったのね。たまには、お母さんも主役になりたいですよね。

ご主人が気持ち悪いと言われる植物、何かしら?怖いけど見てみたいなー(笑)
プロフィール

sakurairo

Author:sakurairo

アクセス解析


屋上とベランダの小さなガーデン


ガーデニング+雑貨の小さな世界をお届けできたら嬉しいです。


お気軽に足跡残してくださいね♪

最近の記事
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセス解析
バラ苗販売関係
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
BGMラフマニノフ  
楽興の時op16-3
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。