スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふんわーり、ふわり

秋の快晴。
また少し夏が戻ったような、日当たりは暑ささえ感じます。
今日は自転車を走らせ所用とお散歩。
たまには良いモンです自転車も。
目線が下がり、目じりも下がり

用事ついでに、お花屋さんでアルテルナンセラを連れてきてしまいました。

『寄せ植えに良いですよ』とお勧め品だった様子。
黄色と赤があって、今回は赤をチョイス。
しばらくはポットのまま、色々と調べてから組み合わせを考えたいです。

第1章 粉鐘楼

粉鐘楼が咲き始めました。
この子もまた勢いのある枝を伸ばし
グングーーンと生長する。

ベランダの洗濯物と絡み合って時々枝がポキッ
それでも側で見ていたくなるバラです。

粉鐘楼  粉鐘楼

ふんわり感たっぷり。
白に薄ーいピンクがほんのり。


粉鐘楼 Fen Zhuang Lou
作出:作出者・作出年不明、中国
花色:ソフトピンク
樹形:やや横張り
四季咲、オールドローズ(チャイナ系)、微香~中香
粉鐘楼 粉鐘楼

まるで群れのような咲き方。
これもまたカワイさアップ♪

雨には弱いバラのようだけど、ベランダの日光だけでも十分咲いてくれるバラ。

第2章 ベビーの涙~ベビーティアーズ~

ちっちゃな葉っぱがとっても可愛いから・・と
2品種も連れてきて、なんとか夏を越しました。

水が切れると直ぐにシワシワ・・そのシワシワは復活せず^^;
涼しい場所で、水が切れないように、風通し良く
そう考えると気難しそうですが
ちょっと少し気にかけてやるだけでも^^ベビーティアーズ

ベビーティアーズ アイリッシュモス
学名:Soleirolia soleirolii
イラクサ科ソレイロリア属
イタリア原産・常緑多年草


ベビーティアーズ ベビーティアーズ  

少し立つように伸びているのは、ベビーティアーズではない
何かが育っているみたい。
花みたいなものも見えるし、茎もそれとは違う太さ。
なんだろなーー

鉢は何度か蹴飛ばして割ってしまいました。
またこれも風合いがあって良いのかもと、得意の接着剤でペタリ。
一部着かなくて欠け部分もあります。

ベビーティアーズは、赤ちゃんの涙と言われるだけあって、すごく優しい天使みたい。
保険苗を作りたいけど、どうしたらいいかしら・・
挿し木というけど、茎はすごく繊細だし
成功法で行くなら、株分けが望ましいけど
水挿しって方法も良いみたい。
そしたら蒸れ対策にもなるしね^^

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

小さな物語・・グリーンアイス

今日はご報告から♪

リンクさせていただいているお友達のRSSを設置していますが
あやぽんRSS!さんがご訪問くださり
ブログ『あやぽんRSS!  素敵なカスタマイズ』にて
『さくらいろの空に』をご紹介くださいました。

きゃーん、そんなぁ・・雑然としておりますのに^^;って感じなのですが
とってもステキにご紹介くださいました。
あやぽんRSS!は、とっても可愛く
リンク先画面も確認出来て便利ですよぉ^^

リンクさせていただいておりますお友達も表示して紹介してくださいました。
お時間ございましたらご覧下さいね♪

第1章 グリーンアイス

放置に近いミニバラですが
この子は手放せないな~と感じています。

今年は延び放題に自然のまま育てていますが
これがまた良い感じ。
自由奔放・・
ピンク・白・グリーン
可愛いーーーー^^

グリーンアイス グリーンアイス

Green Ice
作出:ラルフ・S・ムーア/1972年アメリカ
花色:ピンク・ホワイト・グリーン
樹形:横張り(ハンキングに向きます。)
四季咲、ミニ、無香 


 グリーンアイス このまま何日も・・花持ちが良い^^

グリーンアイス

アップにすると~


グリーンアイス


グリーンに変わるととっても大人っぽくて好き。

少しだけ室内で楽しんだのですが
そろそろベランダに戻してやろうと鉢を持ち上げ・・

ぎゃーー。

鉢の下になめくじ発見。

みなさんもこんなハプニングにご注意くださいね。

第2章 斑入りどくだみ

先日お花屋さんからお連れしたどくだみ。

山野草コーナーで、義父のお土産にと手に取ったのですが
植物の名前も品種も書いてなくて
それでも葉っぱのカワイさでレジへ進みました^^;

店員さんに尋ねた所『これが普通のどくだみ』と苗を持って来てくださいました。
あーーそうね・・これどくだみね。
『品種までは分からないのですが、においの少ない斑入り葉のものですね』と。

既に連れて来る気満々だったのですが
説明をお聞きしてよかった。

斑入りドクダミ 斑入りどくだみ

どくだみ
学名:Hottuynia cordata
ドクダミ科ドクダミ属
東南アジア 落葉多年草

お花屋さんから連れ帰った植物の陳列をしておりますと
義父も屋上にやってきました。
早速『良いでしょうコレ』と見せて
3つの鉢に植え替え。

この時、根鉢を崩すと・・

やっぱりどくだみじゃん!!!とそんな香りが←においと言ったほうが正解ね^^;

斑入り葉は可愛いし、色合いも好きよ~~~と
1つは義父にプレゼント。
苔と自然と芽が出たヒパも・・お化粧しました。

1週間が過ぎ、現在はもう少し落ち着いた感が出ました。
次は五色ドクダミという品種をお連れしたいな~
通称カメレオンだそうで、とっても気になってマス。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

淡い系のバラたちがポツポツ・・

今日は休日でした。
特に予定も無く、午前中は草むしり・・
人工芝に雑草が生え放題で
『かっぱぐ』という作業をしてきました。
*屋上でも鉢以外の場所の雑草が大変なんですよね~~

執着心が強いの?気になるとトコトンになってしまうので
毎日少しずつを目標にやってます。
人工芝なんて、新しいものと取り替えちゃえば・・とも思うのですが
これもエコ。

ピアノの練習もあるので、ほどほどに・・と2畳分だけ
かっぱぐ作業と掃き掃除しました。


第1章 マダムフィガロ

植物たちは夏の疲れが抜けないようで
まだまだ夏顔のままです。

それでも咲いてくれるバラたちが、愛おしい時期ですね♪
春の一斉に咲きだすバラも感動ですが
ポツポツと咲いてくれる時期は
ドキドキ感も増して、ラッキーと言いたくなってしまいます。

雨にぬれてちょっぴり傷んでおりますが、れっきとしたマダムです↓

マダムフィガロ マダムフィガロ

この子はどんな樹形にして良いのやらと迷ったバラでした。
冬の剪定では、高目にカットしたままで
屋上ガーデンの中でも『ノッポ』のバラ。

このままの樹形が好きかな・・と思い始めているところデス。

Madame Firaro
作出 デルバール/2000年フランス
花色:ブラッシュピンク
樹形:ブッシュ~シュラブ
四季咲、大輪、アニス中香

現在咲いているバラ
■ヨハン・シュトラウス HT
■マダム・ルイーズ・レヴェク M
■セント・セシリア ER
■ブルーヘブン FL

淡い系のバラばかり咲いていますね^^

第2章 蘭たち

今年は思いっきりサボっています。
蘭たちは屋上で、幾分かの射光のなかスクスク成長。

相変わらず、カタツムリの被害にあうのですが
新葉の完全に出きっていない葉ばかりなめてしまいます。
本当に困ったもので、遮光ネットを被せてしまいたいくらい・・

時々前後左右を変えて、満遍なく日を当てているので
棚自体にネットを被せられず、籠にネットを被せてしまおうか・・と。

胡蝶蘭は、来月には室内組みになります。
困ったカタツムリ被害ですが
今年はもう少し気をつけて見てあげることで、カタツムリ被害を最小限に食い止めよう。

今日は、リベンジの蘭を。
そして手抜きガーデニングからの発見を少し綴ってみたいと思います。

ビオラセア 原種 ビオラセア

形は胡蝶蘭と同様。
この子はなんと言っても香りが良い!!
胡蝶蘭でも香りのある品種がありますが
香りのある子ほど、気難しいのでは・・と
数年育て、そして枯らした・・私の見解^^;

ビオラセアは2鉢目。
胡蝶蘭と一緒の管理で枯れちゃったので
何がいけなかったのか・・と考えていました。

この子は、胡蝶蘭と一緒に戸外に出す予定でした。
でもそのとき『あんまり急に蘭がいなくなるのも寂しい』とばかりに
リビングに残した鉢でした。

そこからズボラ全開で、ずっとリビングの日の射すところに放置。
水遣りは乾いたらたっぷりで、今年2度目の開花寸前です。

香りは、何ともいえない本当に素晴らしい香り。
こんな香りの香水があったら、絶対買ってます!!

蘭は弱い光でも良いのかと思い、始めたばかりのころはベランダで育てていました。
何年かベランダで育て、やはりある程度は光が必要なんだと。
単に遮光ネットを用意するのが面倒だったのと
当時は屋上デビュー前で、屋上は盆栽園でしたから(笑)

失敗は成功の元・・というビオラセアでした。 

第3章 ありがとう記念

今日はみなさんにお礼にならないお礼を。

いつもブログでお喋りしてくださり、園芸書には書いていない
実際の・・・をお聞かせくださって
私のガーデニングには必要不可欠な存在のみなさん。

春にブログをお休みします・・と宣言して
それでも時折お邪魔させていただいたり
コメントさせていただいたり

夢が一つ叶った私を待っていてくださった皆さんにも
私の夢を共感していただければと思いました。

全然駄目なのよ・・と、色々言いたいことは山盛り~てんこ盛り。
だけど、自分を追い込んでガーデニングも我慢しての精一杯の私でした。

演奏は sakurairo 曲は 
■スラブ舞曲 (連弾) 
■ラフマニノフ 楽興の時op16-3
 フィールド ノクターン12番

8/30の発表会での演奏です。
心臓の悪い方、耳は大切だから壊したくない方・・はご遠慮ください。

それでも聴いてくださる・・という勇気をお持ちの方は
コチラからお聴きください。

テーマ : バラが好き!
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

sakurairo

Author:sakurairo

アクセス解析


屋上とベランダの小さなガーデン


ガーデニング+雑貨の小さな世界をお届けできたら嬉しいです。


お気軽に足跡残してくださいね♪

最近の記事
カテゴリ
おともだちリンク
月別アーカイブ
検索フォーム
FC2カウンター
アクセス解析
バラ苗販売関係
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
BGMラフマニノフ  
楽興の時op16-3
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。